マミーの育児日記

6月12日に生まれた息子・空良(そら)の成長日記です!
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
*script by KT*

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

permalink * - * -

妊娠・出産体験〜出産編

妊娠・出産体験◆素タ云弖睚圓梁海・・・
downdowndowndowndown


どんな子でも産もう!!と決めてからの
妊婦生活は、超音波エコーで経過を見ていきましょう!
とのことだったのですが、特に大きな問題もなく
生まれてからじゃないと判断できないと
いうとこまできてくれて順調に育ってくれました。

順調どころか・・・超順調・・・常にでかめに
育ってくれててとってもうれしいことなのだけど、
こっちとしては拍子抜けたらーっ

あんなに悩んだのにって・・・でも、
今思えばあのことがあっってから旦那さまとの
絆もより一層深まった気がするし、赤ちゃんのこと
一生懸命考えてくれるようになったから
そういうことを教えてくれたのかな!?
と思ってますわーい

6月に入っ正産期に入ってからは
お腹にむかって「べビちゃんの誕生月だよ」
「生まれてきていいんだよ」って話しかけてましたラブ

なんだかんだと予定日くらいかなぁと
思っていたのに、その日は突然やってきました泣き顔
続きを読む >>
permalink * comments(3) * trackbacks(0)

妊娠・出産体験◆素タ云弖睚

妊娠・出産体験 素タ永圓梁海
downdowndowndowndown


先生からの衝撃の言葉とは・・・

「赤ちゃんの首の後ろに浮腫が見受けられます。
通常首の後ろの厚みが、1ミリから2ミリあれば
十分なところこの子は5ミリ以上あります。
リンパの流れが滞って起こることがあるのですが、
このような事例の赤ちゃんはなんらかの障害を
抱えて生まれてくる確立が通常の場合より
厚ければ厚いほど結構な割合で確立が高い・・・
と外国の研究で発表されているんです。」

「日本での研究ではないので、何ともいえませんが
確実に障害があるというわけではなく、正常な子でも
このような状態が見られることもあります。」

「このまま浮腫がひどくなれば、赤ちゃん自体
成長することができなくなって流産してしまうことも
あります。」

「生まれてみないとわかりませんが、障害がある可能性が
あるかどうかということを、検査する方法もあります。
お腹から太い針を刺して羊水の一部をとって検査します。
万全の体制で検査しますが、子宮に針を刺して検査するので
200人に1人くらいの割合でこの検査が原因となって
流産してしまう可能性も・・・例え正常な子だとしても
流産しかねないリスクが伴う検査なので、強制ではありません。
ご夫婦でよく話し合って決めてください。」

「検査をするなら早くしないといけないので
3日後までに話し合って決めてきてください。」
とのことでした。

先生の説明をきいて理解しようと思っているけど、
突然のことでなにがなんだかわからなくて
ボー然としてしまいました・・・。
理解しようとすればするほど涙が出そうになりました。

とにかく早く旦那さまに伝えなきゃ!!と思って
病院から出てすぐに電話・・・仕事中だったから
出るはずもないのにかけ続けてました。

30分後着信に気づいた旦那様から電話がきて
声を聞いたら我慢していた涙がボロボロと
あふれてきて、うまく説明できないで泣き続けていると
「何か悪い知らせなの?すぐに家に帰るから待ってて!!」と。

旦那さまの帰宅後、病院で説明されたことを
すべて話しました。

そうして全部話し終わったとき旦那さまが言いました。

「なにを悩むことがあるの?そんな危険のある検査をしなくたって
産むでしょ!?二人の子だもん。障害があってもなくても
二人の子でしょ!?」
「検査して障害があるってわかったとして、どうするの?
おろすの?・・・産むでしょ!?・・・何を悩む必要があるの?」

この旦那さまの言葉にハッとしました。
私は何を悩んで涙を流していたんだろうって。

障害を抱えて生まれてくるかもしれない不安
障害を持っている子を育てていく不安
流産してしまうかもしれない不安

こんな自分のことばっかり考えていて
今、お腹の中で一生懸命生きようと
がんばっている我が子のことを忘れていることに気づきました。

一生懸命心臓を動かして・・・エコーでは
くるっと動いて見せてくれたり我が子は
がんばっているのです!!そんな我が子を見捨てることなんてできません。

「よし!どんな子だろうが、この子が生きて
いてくれる限りがんばろう。」と決めたのでした。


→続きは次回・・・長くなってしまってすみませんひやひや






permalink * comments(0) * trackbacks(0)

妊娠・出産体験 素タ永

妊娠・出産について覚えてるうちに書いてみたいと
思いますウィンク

私たち夫婦が結婚したのは去年の4月。
結婚式は9月末・・・結婚式まで半年くらい
時間があいたので、子作りは結婚式が終わったら
と、決めていましたわーい
子作り禁止令が解除されて
結婚式の翌日から新婚旅行に一週間のハワイ旅行へ船

妊娠判明は10月末・・・ってことは、
空良はみごとにハネムーンベイビーなのです赤ちゃん

欲しくてもなかなか出来なかったりする人も
最近は多いなか、幸せなことに
わたしの妊婦生活はあっという間に訪れたのですチョキ

予定日は6月27日でした!!
妊娠初期はつわりに苦しみ「いつまで続くのだろう?」と
長いトンネルに入った気分でしたムニョムニョ

・・・が5ヶ月に入った頃にはすっかり良くなり
びっくりするくらいの食欲が・・・たらーっ
お正月を挟んだ二週間で体重が4キロも増えたのには
正直驚きました汗

体重増加もあって安定期に入ってから
必死に散歩に出かけましたが、体重は増える一方・・・
最終的に+14キロまでいってしまいました泣き顔
それでも私自体元気いっぱいでした!!
(病院では多少注意を受けましたが・・・)

とはいっても、何一つ問題がなかったわけでは
ありませんでしたあせあせ

それは妊娠4ヶ月のころ・・・
クリスマス前だったと思います。
いつも通り妊婦検診に行って腹部エコーを
とって赤ちゃんの状態を見てもらっていましたが、
いつもとは違ってはるかに時間をかけているのです。

一生懸命同じような所をなんどもなんども
計測していました。
エコーをとり終わり先生から衝撃の言葉が飛び出したのです冷や汗



→長くなるので、続きは次回に・・・
permalink * comments(0) * trackbacks(0)